アペルイの沢登りのスタイルは3つ!

1.半日沢登り(2〜3時間ほど)

手軽に沢登りを体感されたい方におすすめの半日コースです。登る距離が短いので体力に自信のない方にもおすすめです。しかし、沢登りが楽しくなると「1日にすればよかったー」というご意見を多くいただいているので、当店では1日の沢登りをおすすめしています。

半日のメリットは、半日別のアクティビティができることです。当店ではカヤックやトレッキングと組み合わせて沢登りをするケースが多いです。特に夏場の山はとても暑いので、汗ダラダラのトレッキング後の沢登りは極上に気持ちのいいですよ。

2.1日沢登り(5〜7時間ほど)

1日じっくり沢の世界に身を置くと、なんとも言えない幸せな気持ちになります。人工物のない沢の世界は原生のままの自然を色濃く残しています。太古から続く「もうひとつの」悠久の時間に包まれる感覚が、そう思わせるのかもしれません。通常はお弁当を買って持って行きますが、リクエストがあればガイドが野外で手作りのランチを料理することも可能です。食事後はゆったりお昼寝タイムをとります。体が冷えていれば、温まった大きな岩の上で甲羅干しを。日差しが暑い場合は、涼しい風が通る木陰でスヤスヤと。夏の1日沢登りは、ズバリ当店一押しのおすすめの屋久島の満喫スタイルです。

3.キャンピング沢登り

1日沢登りをすると、なんだかホテルに戻るのがもったいない気がしてくるそうです。「もっと自然の中にいたいなあ。」そんな言葉をリピーターさんから頂いて生まれたキャンプスタイルの沢登り。沢でたっぷり遊んで体がクールダウンしたら、アペルイの敷地内にある森で、焚き火キャンプ。みんなで野外料理を考えて、作ってワイワイ。お腹が満たされて、焚き火で身も心も温まったら、大の字に寝転んで満天の星空を見上げましょう。もう、最幸のフィナーレです。就寝はテントで。快適な先進国日本にとって、沢登り後のキャンプは異次元で異空間の感動トリップ。自然の中で、素の自分という自然に出会う機会になると思います。屋久島の水の旅と火の旅のコラボを是非! 翌日はまた沢登りしてもいいですし、カヤックやトレッキング、ダイビングでも。アレンジは無数に可能です。