沢の端で、光沢があり星型の花をたくさんつけるサクラランの花が咲いていました。

キレイでした!

咲く前はこんな不思議な感じです!

サクラランは、ガガイモ科サクララン属(ホヤ属)に分類されるツル植物の総称です。葉っぱがランに似ていて、花が桜のようなピンク色をしていることから「サクララン」の和名がつきました。

花は分厚く光沢があって、手毬状で、飴細工のような見た目をしています。

長い距離の渡りをする、アサギマダラという蝶の食草でもあり、アルカロイドを含み、これを食することで、毒のある蝶として身を守るとも言われます。

サクララン/桜蘭

ガガイモ科 サクララン属

学名 Hoya carnosa

分布 九州の南部から沖縄、インド、ミャンマー、中国、オーストラリアなど