オニクラマゴケ

コケという名前が付いていますが、実はコケではなくシダ植物です。

草丈10~35cmの常緑性シダ。

茎は基部で匍匐し、数回分岐して斜上する。基部は太さ径2mmにもなる。

側枝は数回分岐して扇状に広がる。

葉は2形、主軸ではやや疎らに、小枝では密につき、緑色~深緑色。

腹葉は開出してつき、長楕円形~やや歪んだ平行四辺形、長さ約4mm、幅約2mm。先は鋭頭~やや鈍頭、基部は上が広く、下が狭い非相称形。下部の辺縁には微鋸歯がある。背葉は広披針形、長さ1.2~1.7mm。鋭頭~鋭尖頭で辺縁に突起がある。

胞子葉は栄養葉と同形、広卵状披針形~卵形、鋭尖頭で先は尾状に伸び、はっきりした鋸歯縁がある。胞子嚢穂は小枝に1~2個頂生し、四角柱状で長さ0.5~3cm。

オニクラマゴケ(鬼鞍馬苔)

学名 Selaginella doederleinii

イワヒバ科 イワヒバ属 常緑

分布 伊豆諸島、高知県、屋久島、種子島以南