沢の水の中に生えているように、立ち上がっている倒木にキレイな褐色のグラデーションのキノコが生えていました。

サルノコシカケ科のウチワタケです。

傘が半円形〜腎臓形で薄く、柄があるところが団扇に見立てられ名前の由来となっています。

シイなどの広葉樹の枯れ木上に多数群生する小型〜中型の白色腐朽菌で温暖帯以南では普通種。

傘表面は黄褐色〜茶褐色の環紋を表しビロード状で、のちに毛が抜け落ちて無毛になります。

傘の裏側は、表とは異なり白色で模様もなく、だいぶ表面とは印象が違います。

ウチワタケ/団扇茸

学名 Microporus flabelliformis(Fr.)O.Kuntze

サルノコシカケ科 ツヤウチワタケ属